年齢は転職活動成功に大きく影響する

年齢は転職活動成功に大きく影響する

 昔と比べたら、転職ということに対して、ネガティブな印象はなくなってきていて、中途採用者が多い会社も多々見かけます。特にIT企業などは、転職者が非常に多いです。それなりのスキルをもった人が、会社を転々としていくケースもあり、転職が盛んな時もありました。リーマンショック後は、それほどではないにしても、やはり現在でもいい人材を確保しようとする企業の動きは活発です。

 

 転職者にとっては、いろいろな理由で転職活動をすると思いますが、どうにもならないのが年齢です。35歳を過ぎると求人数は一気に現象します。露骨に年齢を理由に落とされることはないのですが、企業側も転職者側も新しい環境に慣れ、力を発揮しやすい年齢となると35歳くらいまでという判断なのでしょうか。もちろん、それ以上の年齢でも転職を成功させる人もいますが、要職のヘッドハンティングという形も多いように思います。

 

 それ以外の転職のケースとしては、28歳以下の比較的若い人の転職です。少し会社で成果を挙げて、何らかの不満も感じ始めて、新しいことにも挑戦したいような層です。少しでも転職のことが気になったら、果敢に挑戦してみるのもいいと思います。中途採用面接を受けて、企業と気が合ったら転職してもいいですし、合わなかったら元の会社の良さを感じることができるかもしれません。

 

【お役立ち情報】
IT営業の求人情報
IT営業の求人情報について知りたい方はこちら!

 

仕事ナビ : ジョブサーチ : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

 

 ただ、今働いている会社や上司が嫌だからという単純な理由で転職してしまうのは、あまり良くないと思います。新しい職場に移ったとしても、必ず嫌な上司はいるものです。若い世代の転職と35歳を超えてからの転職で、環境は大きく変わりますが、それぞれ転職する理由を考えて実行に移すのが重要だと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ